リフォームが必要となるタイミングはいつ?その見極めは?

リフォームはタイミングと必要箇所を見極めましょう

戸建のリフォームは最適なタイミングで

ほとんどの方にとって、家はそうそう簡単に買い替えたりできるものではありませんね。

家はライフスタイルの変化や老朽化に伴い適宜リフォームが必要になってきます。
特に戸建の場合は、マンションと違って自分で気をつけておかないと設備の老朽化や故障を見逃してしまう危険があります。

しかし、適切な時期に適切なリフォームを行うと、費用の節約になるとともに、家を長持ちさせることにもつながります。
その反対に、タイミングを逃してしまうと、家に住みながらリフォームする事ができず、一時的に仮住まいをする事になり、余計な引っ越し費用や家賃の支払いが発生してしまいます。
また、仮住まいの必要がない箇所であっても、キッチンや浴室、トイレなどの修理になると日常生活に支障が出てきます。このような事態は避けたいですよね。
こまめに点検をし、何かおかしいと感じた時はすぐに対処する事が、後々の莫大な出費を回避することにつながってきます。

築年数で見る戸建の劣化ポイント

戸建の家について、一般的にリフォームが必要になる箇所は、築年数を目安に、ある程度ポイントを絞る事が可能です。

築5〜10年では室内の壁や外壁、給湯器、天井など。
築10〜15年ではトイレ、キッチン、浴室や洗面所などの水まわり、屋根や外壁。
築15〜20年では給排気管や建物の土台。シロアリ。
築20〜30年では家の大規模な増改築も検討する。

一般に、戸建の住宅の耐用年数は30年と言われており、上記のポイントを押さえながら適切な時期にリフォームを行うことで、家の寿命を延ばしてあげることができます。
こまめなリフォームが必要だとは言いましたが、例えば屋根の修理や2階以上の外壁の修理は足場を組みますので、そのための費用が発生します。
そのような場合は、まとめてリフォームを行うと費用を抑える事ができるので、状況を見ながら判断することが大事です。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ